« 脱“カモ”へ「尾花のカーテン」で対策 | トップページ | ギアチェンジして頂点へ=狩野、スキーで人生に光〔パラリンピック〕 »

ギアチェンジして頂点へ=狩野、スキーで人生に光〔パラリンピック〕

 後半にギアチェンジし、自慢のスピードを見せつけた。アルペンスキー男子座位の狩野がスーパー大回転で、最も輝くメダルをつかみ取った。前日滑降で獲得した銅からステップアップ。「本当にうれしい。ちょっと荷が重いけど」と笑った。
 雪面は硬いバーン。第1通過ポイントでは、ともに滑り終えて暫定首位のマルティン・ブラクセンターラー(ドイツ)、2位の森井より遅いタイム。前半は抑え気味だったが、「滑っているうちにターンの描き方が分かった」。手応えを得ると、一気にスピードに乗った。日本勢のライバル、ブラクセンターラーに勝ち、「やっと引きずり落とせた」とにやり。大舞台で2個目のメダルだ。
 北海道網走市出身。8歳の時、車にひかれて車いすの生活になった。母の照美さん(52)に「いつ治るの?  一生このままなの? 」と尋ね続けたという。歩けないという現実を受け入れられず、落ち込んだり、照美さんに当たったりもした。
 父の操さん(51)がスキーの指導員をしていたのが縁で、チェアスキーに乗る。大会に出て楽しさを知ると、のめり込んだ。中学2年生から高校3年生まで、地元のスキー少年団に交じって練習した。大学は、山が近くてスキー部があり、福祉システム工学科のある岩手大を選んだ。いずれ、スキーの用具開発に携わろうとも考えたからだ。
 銅の森井は5歳上で、遠征などのたびに互いの家に寝泊まりする仲。滑降に続いて一緒に表彰台に上り、「(森井)大輝さんのおかげ。何から何まで教えてもらっている」。先輩に何度も感謝した。 



|

« 脱“カモ”へ「尾花のカーテン」で対策 | トップページ | ギアチェンジして頂点へ=狩野、スキーで人生に光〔パラリンピック〕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギアチェンジして頂点へ=狩野、スキーで人生に光〔パラリンピック〕:

« 脱“カモ”へ「尾花のカーテン」で対策 | トップページ | ギアチェンジして頂点へ=狩野、スキーで人生に光〔パラリンピック〕 »